将来のことを考えて今から資格を取ろうと考えている人、資格を取りたいと思っているけどどんな資格があるかわからない、という人のためのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これから基本情報技術者の説明をわかりやすくしていきます。

この資格は情報技術全般に関する技能や知識の証明をしてくれる資格です。プログラマーの登竜門的存在で、いま大人気の資格です。
コンピューター関連で唯一の国家資格なので一般企業の認知度が非常に高い資格です。

またプログラマーでない人でもコンピューターを扱う職業の人がその技術や知識をえて、さらに業務改善に取り組むために必要な資格だといえます。


就職に非常に有利になる資格なのでぜひ取得してみては!?

スポンサーサイト
公認会計士は会計系資格の最高クラスに位置する国家資格です。
会計と財務のエキスパートの証といえるでしょう。


この資格を知ってもらうにあたってまず知っておかないといけない言葉があります。
監査って言葉ご存じですか?ちなみに私は最近まで知りませんでした( i _ i )

企業が発表している会計情報(売上とか利益とか)が正しいかどうかを確かめることです。

これが公認会計士の主な仕事となるわけですが他にも


なんと税理士会に登録することにより、税理士と同じく税務業務を行うことが出来るのです。税務の代理、「税務書類の作成」、「税務相談」など、税理士の独占業務も行えるようになります。登録さえすれば、公認会計士は税理士の行う全ての仕事を行うことが出来ます。


若い人の取得が今多くなっているらしいので波に乗りましょう‼
電気工事士とは
簡単に言うと決まりに基づき、電気を利用する器具や設備の工事・保守・修理を行う者です。


 ビル、工場、商店、一般住宅などの電気設備の工事の内容によって、この資格のある人でなければ、電気工事を行ってはならないことが、安全を守るために法令で決められています。


今人気の資格の一つでもあるのでぜひ取得してみては?
就職というのは学生にとって一大イベントです。
そんなとき取得しておくと強い味方になる資格にはどんなものがあるでしょう?

GOOランキングが就職に有利な資格ランキングを発表していました。なかなか的を得ているのでは?

一位 語学(TOEIC,英語検定など)

二位 運転免許

三位 基本情報技術者


四位 ITパスポート試験

五位 簿記 コンサルタント試験

六位 福祉・医療系資格

七位 公認会計士

八位 デザイン・デザイナー資格



これから「マイクロソフトオフィススペシャリストってなに?」

と思うひとのためにわかりやすく説明していこうと思います。


マイクロソフトオフィススペシャリストとは、簡単に言うとエクセルやワードなどのパソコンスキルを証明できる資格です。


この資格を持っているだけで・エクセルが使える・ワードが使える、などといった目に見えないスキルを客観的に証明することができます。



約200の国で認定されている認定資格です。だから世界で通じる国家資格と言われています。


ぜひとってみては!?
これから社会保険労務士の説明をしていきます。


まずこの資格のイメージをつかんでもらいます。


今、低質な待遇や労働環境、労働基準法などの法令に反する営業内容など
過酷な労働を課す企業が増えています。

そういった人の労働環境の改善に関わるのが社会保険労務士なのです。


企業に労働環境の改善や労働基準法などの法令を守らせることが仕事です。


色々な社会保険に関係する提出書類の作成や提出、手続きの代行などを行います。




雇用者の権利を守るというかっこいい資格なので興味のあるひとはぜひとってみては!?

これからファイナンシャルプランナーの説明をわかりやすくしていきたいと思います。

ファイナンシャルプランナーは依頼人から、・収入や支出・借金・家族構成・資産の状況などの情報を受け、
それを基に住居・教育・老後などの将来のライフプランを考えた資金計画やアドバイスを行う職業です。


なので、金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識が必要になります。



ファイナンシャルプランナー人の夢を叶えるパートナーと言われています。


この爽やかな資格、とってみては(^_^)
今日は宅建取引主任者の説明をしていきたいとおもいます。

宅地建物取引主任者は、一般に言う不動産会社の相手方に対して、宅地または建物の売買、交換、貸し借りの契約が成立するまでの間に重要事項の説明などを行う国家資格です。

宅地建物の公正な取引行われることを目的とした資格です。


私が初めてこの資格がどんな資格か聞いたとき、検事のような印象をうけました(^_^)

皆さんも宅建目指してみてはどうでしょうか!?


ここでは
「資格を取りたいけど名前を聞いただけじゃどんな資格かわからない。」
と言う人のために資格を小学生にもわかるように説明していこうと思います(^^)/


今日は行政書士のことを説明していきます。

行政書士とは行政書士の決まりに従って、都道府県や市町村、警察署などの行政組織に提出する書類、権利の義務や事実の証明に関する書類の作成の代理などを仕事とする国家資格です。


「じゃあ実際どんな仕事をするの?」
と思う人もいると思います。

なので説明していきますが、行政書士は抱える仕事は一万件もあるといわれています。
・株式会社設立手引き
・建設業許可申請
・相続手続き
・遺産分割協議書作成
・風俗申請許可申請
・農地転用
などなど


業務範囲が広い職業なのです。


だから自分なりに業務を絞り、専門分野つくることが大切だといわれています。


皆さんも行政書士目指してみてはどうでしょうか!?

『行政書士』になるなら

法律資格専門の受験指導校・伊藤塾!

一位 医療事務

二位 調剤薬局事務

三位 行政書士


四位 介護事務

五位 実用ボールペン字

六位 保育士

七位 マイクロソフトオフィススペシャリスト

八位 ファイナンシャルプランナー

九位 簿記三級

十位 歯科助手


やっぱり女性のランキングなので医療事務や介護事務、保育士といった女性に人気のある職業がはいってきますね。



一位 行政書士

二位 宅建取引主催者

三位 ファイナンシャルプランナー

四位 社会保険労務士

五位 マイクロソフトスペシャリスト

六位 実用ボールペン字

七位 簿記三級

八位 第二種電気工事士

九位 中小企業診断士

十位 司法書士


私はこのランキングを見て行政書士の資格を取ることに決めました笑

皆さんも新しい資格の会得考えてみてはどうでしょうかヽ(^o^)丿
ホームページを作りました。色々分からない事ばかりですが宜しくお願いしますo(^▽^)o
このブログでは
・資格を持ってない方
・資格を取りたいと思っているけど悩んでる方
・なにかしらの資格がほしい方々
などを対象に
・あって損しない資格
・資格の取り方、取得、会得
・昇給できる資格
・役立つ資格{転職、就職など}

などなどを分かりやすく説明していこうと思います。
定期的に更新するのでこれからも視聴下さい(^O^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。