将来のことを考えて今から資格を取ろうと考えている人、資格を取りたいと思っているけどどんな資格があるかわからない、という人のためのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これから基本情報技術者の説明をわかりやすくしていきます。

この資格は情報技術全般に関する技能や知識の証明をしてくれる資格です。プログラマーの登竜門的存在で、いま大人気の資格です。
コンピューター関連で唯一の国家資格なので一般企業の認知度が非常に高い資格です。

またプログラマーでない人でもコンピューターを扱う職業の人がその技術や知識をえて、さらに業務改善に取り組むために必要な資格だといえます。


就職に非常に有利になる資格なのでぜひ取得してみては!?

スポンサーサイト
公認会計士は会計系資格の最高クラスに位置する国家資格です。
会計と財務のエキスパートの証といえるでしょう。


この資格を知ってもらうにあたってまず知っておかないといけない言葉があります。
監査って言葉ご存じですか?ちなみに私は最近まで知りませんでした( i _ i )

企業が発表している会計情報(売上とか利益とか)が正しいかどうかを確かめることです。

これが公認会計士の主な仕事となるわけですが他にも


なんと税理士会に登録することにより、税理士と同じく税務業務を行うことが出来るのです。税務の代理、「税務書類の作成」、「税務相談」など、税理士の独占業務も行えるようになります。登録さえすれば、公認会計士は税理士の行う全ての仕事を行うことが出来ます。


若い人の取得が今多くなっているらしいので波に乗りましょう‼
電気工事士とは
簡単に言うと決まりに基づき、電気を利用する器具や設備の工事・保守・修理を行う者です。


 ビル、工場、商店、一般住宅などの電気設備の工事の内容によって、この資格のある人でなければ、電気工事を行ってはならないことが、安全を守るために法令で決められています。


今人気の資格の一つでもあるのでぜひ取得してみては?
就職というのは学生にとって一大イベントです。
そんなとき取得しておくと強い味方になる資格にはどんなものがあるでしょう?

GOOランキングが就職に有利な資格ランキングを発表していました。なかなか的を得ているのでは?

一位 語学(TOEIC,英語検定など)

二位 運転免許

三位 基本情報技術者


四位 ITパスポート試験

五位 簿記 コンサルタント試験

六位 福祉・医療系資格

七位 公認会計士

八位 デザイン・デザイナー資格



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。